ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

レターパック赤と青の違い!値段・厚さにポスト投函の有無で比較した

 母親に、プレゼントとして、ちょっとした衣類を送りたいと思い、何か安く送れる方法はないかと探していると、ちょうどよさそうな「レターパック」という発送方法みつけました。

健忘対策のために「レターパック」とは何なのか、赤と青の違いを値段や厚さやポスト投函の有無などをまとめてみました。

 

 

 

レターパックとは

・ポストの投函もOK

・A4サイズ・4kgまで

・全国一律料金で

・信書も送れるサービスです。

 

・対面でお届けし、受領印をいただく「レターパックプラス」(赤色)

・郵便受けへお届けする「レターパックライト」(青色)

2種類があります。

 

※レターパックライトとレターパックは平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日でも

 配達されます。

 

 

 封筒のイメージ画像

https://www.post.japanpost.jp/img/service/letterpack/lpp.gif

 

https://www.post.japanpost.jp/img/service/letterpack/lpl.gif

 

 

赤と青の違い

 

 

    値段      厚さ      ポスト投函の有無       

 

赤   520円     4㎏以内         OK

          (3㎝超えてもOK)

 

 

青   510円     3㎝以内         OK

 

※10月1日より消費税分10円値上げされて

・レターパックプラス(赤)は510円から520円に

・レターパックライト(青)は360円から370円になります。

 

 

利用方法

1、「レターパック」を買う

  近くの郵便窓口・コンビニエンスストアなどの郵便切手類販売所(一部を除きす)

  で買うことができます。

  郵便局のネットショップでは、20枚単位で販売されています。

 

2、送りたいモノを入れる

  あて名を書いて、手紙や荷物を封入するだけ。切手は不要です

  ・現金は送ることができません。損害賠償もありません。

  ・損害賠償もありません。

  ・海外発送もできません。

 

3、郵便ポストから送る

  郵便窓口からも発送が可能です。

  

  レターパックプラスについては集荷も可能です。詳しくは近くの郵便局へ問い合わ

  せをお願いします。

 

4、お届け

  レターパックプラスは対面で届けられ、受領印または署名をもらうことに。

  レターパックライトは郵便受けへ届けられます。

 

まとめ

レターパックプラスの赤とレターパックライトの青の違いは

・値段と厚さに違いがあることが分かりました。

 

・届けの際、青は郵便受けへ届けられが、赤は手渡しで受領印か署名をもらうことにな

 っていることですね。

 

 レターパックプラスの赤は集荷もしてくれるので、違いを踏まえて、多いに活用したいと思います。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。