ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

四季島の値段と時刻表に評判・⼝コミとドレスコードも気になるのだ!

話題の、JR東日本の豪華列車「四季島」に「乗りたいなー」と思って、気になるところの値段や時刻表、体験者の評判や口コミ、服装の制限など、いつでも直ぐに調べられるように、検索の仕方をまとめてみました。

 

  

料金体系ー客室タイ・コース別と画像

四季島スイート(メゾネットタイプ)

四季島スイート|列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

デラックススイート(フラットタイプ)

デラックススイート|列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

スイート

スイート|列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

 

3泊4日コース
「TRAIN SUITE 四季島」客室タイプ 2日目宿泊先 3日目観光 ご旅行代金(お1人様)
2名様1室利用 1名様1室利用
四季島スイート(メゾネットタイプ) 1室 ニセコ花園温泉
「坐忘林」または
ニセコ昆布温泉
「杢の抄」または
登別温泉郷「滝乃家」
(お選びください)
縄文コース 1,000,000円 1,500,000円
五能線コース 1,000,000円 1,500,000円
デラックススイート(フラットタイプ) 1室 縄文コース 950,000円 1,425,000円
五能線コース 950,000円 1,425,000円
スイート 15室 ニセコ花園温泉
「坐忘林」
縄文コース 800,000円 1,200,000円
五能線コース 800,000円 1,200,000円
ニセコ昆布温泉
「杢の抄」
縄文コース 800,000円 1,200,000円
五能線コース 800,000円 1,200,000円
登別温泉郷
「滝乃家」
縄文コース 800,000円 1,200,000円
五能線コース 800,000円 1,200,000円

※「2泊目宿泊先」「3日目観光」については、お申し込みの人数によりご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。
なお、お申し込み後の宿泊先・3日目観光コースにつきましては、変更をいたしかねますので、予めご了承ください。

 

 

1泊2日コース
「TRAIN SUITE 四季島」客室タイプ ご旅行代金(お1人様)
2名様1室利用 1名様1室利用
四季島スイート(メゾネットタイプ) 1室 500,000円 750,000円
デラックススイート(フラットタイプ) 1室 450,000円 675,000円
スイート 15室 370,000円 555,000円

※記載の旅行代金は2名様1室または1名様1室利用の場合のお1人様あたりの旅行代金です。

以上の料金体系は、 2020年4月~6月出発分の料金体系です。

 
 

 

時刻表と行程表

各コースの行程表を開くと時刻と行程が分かります。
 
・3泊4日コースは、上野駅発  11:20ごろ
 
・1泊2日コースは、上野駅発  9:20ごろ
 
詳しくは
「TRAIN SUITE 四季島」ツアーデスク
0570-00-7216(営業時間:10:00~17:30、休業日:水・土曜日・年末年始)
※ナビダイヤルをご利用いただけないお客さまは03-6231-7216におかけください。

 

 

評判や口コミ(体験者)

〇 ちょっと事務的(ななつ星と比べて)

https://4travel.jp/travelogue/11278983

 

〇 走行距離が「ななつ星」より長くて

観光を楽しむというよりは、
「豪華列車の乗車そのものを楽しむ」という要素が、ななつ星よりも強いように感じました。

『「四季島スイート」で行く3泊4日の旅 ④:日光』日光(栃木県)の旅行記・ブログ by らるたんさん【フォートラベル】

展望車について

ウ~ン、
お部屋の窓からの方が見やすいワ、ということで、早々に部屋に戻りました。

『「四季島スイート」で行く3泊4日の旅 ④:日光』日光(栃木県)の旅行記・ブログ by らるたんさん【フォートラベル】

ツアーの魅力

ツアー行動が苦手な私ですが、このクラスのツアーだと、専門家のお話が伺えることが個人旅行にはない一番の魅力です。

暮れゆく景色を眺めながらのディナー。今回の四季島で一番感激した時間でした。

「四季島スイート」の部屋は、ベッドが地面に近い分、直接地面の振動が伝わって、一晩中、ガタンゴトンを楽しませていただきました~!?

『「四季島スイート」で行く3泊4日の旅 ④:日光』日光(栃木県)の旅行記・ブログ by らるたんさん【フォートラベル】

〇違った視点で

食べて寝るだけのフォアグラ養成ツアー」

「ちなみにトイレとシャワーがある空間にも窓があり、開放的ですw」

四季島のソフトドリンクは充分高級アルコールに引けを取らないクオリティがあります。

ベッド兼ソファーなので、強制的に早起き。

1泊2日でもハワイにビジネスクラス(&一流ホテルで)行けてしまうようなお値段ですが、それだけの非日常体験ができますよ。

四季島に乗って感じた事 | ソウルリーダー 旅の軌跡

 

 

 服装の制限はあるの?

「四季島」には、客室以外TシャツなどはNG シャツ・ブラウスのみなどドレスコードがあるようです。

 

 「瑞穂」にも、ドレスコードがあるようですね。

 

「ななつ星」にも、服装の制限があって、ジーンズ、短パン、Tシャツ、サンダル・スニーカーでの参加は禁止されています。一番厳しいかも。

 

さすがに、豪華寝台列車です。

 

 

まとめ

超豪華な寝台特急の内容から申し込み方法、体験者の評判や口コミまで、即確認できます。

夫婦2人で1泊2日でも、100万円。豪華な非日常が体験できるなら、1度は体験しないと、調べながら思った次第です。

あと、JR西日本の「瑞風」とJR九州の「ななつ星」も、いざという時のために、即分かるようにまとめておきたくなりましたね。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)