ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

キウイの⽪の栄養が凄いぞ!皮ごと食すための洗い方(農薬や毛など)

 人の体を造るのも、健康を維持するのも食べるものに、多いに影響を受けます。なので、できるだけ、食べ物の栄養成分や効果・効能を知って食したいものです。

 この前テレビでキウイの効果が紹介されていて、その皮の栄養の凄さに驚き、常時食すべきと思い、栄養成分、皮ごと食すための農薬や表面の毛の洗い方や除去の仕方をまとめてみました。

 

 

 キウイの皮の主な栄養成分と効能

ビタミンC 風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなど(みかんの倍含有)。

       キウイ1個に成人の1日に必要なビタミンC摂取量の約70%有。

 

ビタミンE 糖値を下げる効果

 

ポリフェノール 他の果物よりもポリフェノールが豊富(皮に実の3倍含有)。

        骨粗しょう症や更年期障害の改善、ガン予防や動脈硬化の予防。

 

カリウム むくみを予防してくれます。

 

ヨウ酸  体の発育にも重要なビタミンです。

 

食物繊維  腸を綺麗にしてくれます(バナナの倍以上含まれています)。

 

カロテン  糖質や脂肪を燃焼してくれます。

 

カリウム  むくみや冷えを改善してくれます(バナナと同等量でも低カロリー)。

 

アクチニジン 肉や魚などのたんぱく質を分解するので、消化を助けてくれます。

 

 

主な成分は、皮には実の部分に比べて、なんと約2倍の栄養素が含まれています。

抗酸化作用のあるポリフェノールが、皮には果実の3倍も含まれているのには驚きました。骨粗しょう症や更年期障害の改善、ガン予防や動脈硬化の予防に取り組みたい人には、皮ごと食すのがおススメですね。

 

 

皮ごと食するための洗い方(農薬・毛)

栄養が豊富とはいっても、農薬は大丈夫なの、表面の毛はなんとなく苦手だなあと、思う人が多いと思いますが、その処理は以外に簡単です。

 

たわしを使って流水でゴシゴシと洗い流すだけでOK。

 

それでも農薬が気になるという人は、無農薬栽培のキウイを召し上がってはいかが!

 

ちなみに、本場ニュージーランドではキウイを皮ごと食べるのが常識だそうです。

 

 

 

キウイの旬は

小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。

春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回ります。

国産のモノは、9月下旬からは12月初旬が収穫の最盛期で、3月頃が1番多く出回っています。

 ニュージーランド産と国内産で、ほぼ年中食べることができますね。

 

 

まとめ

この記事の情報は、以下のサイトを参考にさせていただきました。

 

キウイフルーツ - Wikipedia

https://news.livedoor.com/article/detail/12006558/

https://cheers.com.au/life/foods/245/

 

果物の王様と言われるだけあって栄養成分は凄い!

中でも私が気に入りましたのは

他の果物よりもポリフェノールが豊富こと。

たんぱく質を分解して、消化を助けてくれること。

糖値を下げる効果もありことです。

 

これからも、多いにキウイを皮ごと食し、健康維持に努めましょう。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

関連記事

ミショウカン?栄養と効能効果や食べ方を調べてみたところ

 

 

 

スポンサーリンク