ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

朝ドラの歴代最長の放送期間や話数や回数など気になって!

  本日は、相変わらず人気が根強い朝ドラについて、歴代最長の放送期間や話数や回数など、気になってまとめてみました。

 

 

朝ドラ歴代最長の放送期間は

 

    1年 ですね。

 

 1991年(平成3年)4月1日から1992年(平成4年)4月4日まで1年間放送されたドラマ名は、「君の名は」が最長でした。

 

「君の名は」以外で1年間放送されたのは

連続テレビ小説では、1983年(昭和58年)4月4日から1984年(昭和59年)3月31日まで放送されたおしん  

1974年(昭和49年)4月1日から1975年(昭和50年)4月5日まで放送された『鳩子の海』(はとこのうみ)だけですね。

 

 

 

朝ドラ歴代最多の話数は何話、何回

 

    312回 「君の名は」

 

    297回 「おしん」

同じ放送期間1年なのに「おしん」の方が話数、回数が少ないのは、6回分の別放送(もうひとりのおしん)があったからでした。

 

1962年の第2作『あしたの風』以来、原則1回15分で、週6話として

半年間(26週・156回前後)の放送が定着していましたが・・・。

 

 

2020年春の開始より放送時間短縮か

2020年春から放送開始の第102作『エール』からは月 - 金曜の週5話に短縮されるようです。 

NHKのすすめる「働き方改革」によって制作現場の負担軽減を主として、4K制作にともなう制作時間および制作費の増大への対策として、週5回の放送なるようです。

 

 

 

まとめ

この記事の情報は、主にウィキを参照させていただきました(感謝)

現在は、半年間の放送期間が定着していますが、長期の1年間にわたり放送されたドラマもあったんですね。

 

朝ドラは、本当に、見始めるとやめられませんね。

ついつい、時間がくるとTVの前に座ってます。後のドラマの展開が、妙に気になるんですよね。

 

NHKさん、「働き方改革」による制作現場の負担軽減を進めることで、朝ドラの週6回を週5回に短縮するとのこと。 いいことですね。

これで制作現場のスタッフの皆さんの制作効率も上がって、いい作品ができることを期待してます。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)