ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

「収束」と「終息」の違いは?読み方と意味や使い方!コロナ報道から

毎日のように、報道される「新型コロナウイルス」の感染拡大について、一日も早く収まってほしいと思いながら、情報を集めていますが、はたと疑問が湧いたのが、感染拡大が落ち着くといった場合、「収束」と「終息」の違い、その意味や使い方です。

 

 

 

「収束」と「終息」の違い

 「収束」  事態の混乱していた状態が、一度は落ち着くこと。

 

「終息」  事態が完全に終わること。

 

一度は事態が収まる、落ち着くのと、完全に終わること。では、全く意味が違ってきます。

 

 

 

「収束」の読み方と意味

「 しゅうそく」と読みます。

「収」は、音読みで「しゅう」。

     訓読みで「おさめる・おさまる」と読みます。

「収」は「一つにまとめる」ことを意味します。

「収」の部首・画数・読み方・筆順・意味など

 

「束」は、音読みで「そく」。

     訓読みで「たば・つか・つかねる」と読みます。

「束」も「一つにまとめる」ことを意味します。

「束」の部首・画数・読み方・筆順・意味など

 

「収束」の意味は「おさまりをつけること。おさまりがつくこと」です。

 

 

 

「終息」の意味

 「終息」は<しゅうそく>と読みます。

「終」は、音読みで「シュウ」。

     訓読みで「おわる・おえる」と読みます。

「終」は「おわる。おえる。おわり」を意味します。

「終」の部首・画数・読み方・筆順・意味など

 

「息」は、音読みで「ソク」

     訓読みで「いき・やすむ・いこう」と読みます。

「息」は「やむ。やめる」を意味します。

「息」の部首・画数・読み方・筆順・意味など

 

「終息」の意味は「事が終わって、おさまること、完全に終わる」ことです。

 

 

 

「収束」と「終息」の使い方

この問題は一度収束したものの、今後も予断を許さない状況である。

一度収束した問題がまたもや、再燃したようだ。

災害直後の混乱は収束した。

 

「終息宣言」を出す。

戦争が終息を迎えた。

 

 

  

まとめ

記事の情報は以下のサイトを参考にさせていただきました(感謝) 

終息(しゅうそく)とは - 終息の読み方 Weblio辞書

収束(しゅうそく)とは何? Weblio辞書

 

漢字は、訓読みの方が、音読みよりも意味がよくわかります。

漢字の訓読みさえ分かれば、ほぼ漢字の意味は理解できそうですね。

 

今は、猛威を振るっている「新型コロナウイルス」の感染拡大が、一日も早く収束に向かい、完全な形で「終息宣言」が出されることを願うばかりです。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

関連記事

群と郡の語源を知れば!意味や違いや使い方も分かりやすい - ときめいて120

スポンサーリンク