ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

佐々⽊蔵之介の本名 ・年齢・⾝⻑と三代目社長である弟の人物像とは!

先頃TV放送された陰陽師で、主演の安倍晴明役を演じ、「麒麟がくる」ではのちの豊臣秀吉の若き日の藤吉郎をひょうきんに演じる佐々木蔵之介さんと弟さんの人物像を気になって調べてみました。

 

 

 

蔵之介さんの本名 年齢 ⾝⻑

・本名       佐々木 秀明(ささき ひであき)

 

・年齢       52歳(1968年2月4日)

 

・身長/体重     182cm / 74kg

 

・靴サイズ     27cm

 

・サイズ      B/100 W/85 H/98

 

・血液型      O型

出典 佐々木 蔵之介 | 株式会社 ケイファクトリー

 

長身でがっしりとした体格をしているとお見受けしました。

長身の割には、足のサイズが小さい感じがします。調べてみると身長180㎝の人の足のサイズの平均値は27㎝くらい。蔵之介さんは2㎝上回っていますので、ちょっと小さい気がしました。

体重も身長との対比で標準的ですし、全体のサイズは標準の範囲ですし、バランスのとれた体格をしているってことですね。

参照元

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215423432

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1190608311

 

その他気になるところ

・出身地  京都府

 

・最終学歴  神戸大学農学部卒業(家業を継ぐべく東京農業大学農学部から編入)

       大学ではバイオテクノロジーや酒米の研究していました。

 

・職業    俳優(所属事務所はケイファクトリー)

 

・「蔵之介」の芸名の由来は、実家が酒造屋であることと『忠臣蔵』の大石内蔵助をか

 けて、お父さんが命名。

 

・酒豪で利き酒が得意。

 

・肌の綺麗なのは、「酒風呂」入浴によるもの。

 

・好きな食べ物は、ぶどう(山梨県出身の母の影響だとか)。

 

・愛車は、トヨタのistがお好みだそうで、私と好みが一緒でうれしいですね。

 

・家業を継がなかった理由は

  家業を継ぐうえで、人前でしっかり話ができるようにと大学時代に入った劇団サーク

 ルで、演技の楽しさに目覚め、その情熱は冷めなかったために、反対する父親を押し

 切って俳優の道を選んだといいます。

 一躍脚光を浴びることになったのは、2000年の朝の連続テレビ小説『オードリ

 ー』(NHK)への抜擢でした。

 

 

三代目社長である弟の人物像

・名前    佐々木晃(ささき あきら)

 

・年齢    50歳(1970年4月1日 蔵之介さんより2歳下)

 

・職業    佐々木酒造4代目社長(2010年より) 

       佐々木酒造は、京都市は洛中に残る唯一の酒屋です。

 

・最終学歴  佛教大学文学部中国文学科

       お酒造りとは、まったくの畑違いですよね。

 

社長になるいきさつ

私は男3人兄弟の末っ子で、まさか酒屋を継ぐことになるとは思っておりませんでした。
上の兄は「飲んで無くなってしまうものを造るのはいやだ」と言って建築の道に進んでしまい、二番目の兄が跡を継ぐべくして、神戸大学の農学部に行ってバイオテクノロジーの研究や酒米の研究っていうテーマで卒論書いたりして、着々と酒造家の道を歩んでいたのですが、突然「俳優になる」と言って出ていってしまいました。

いつも自己紹介のところで佐々木酒造です、と言ってもあまり皆さんご存じない感じなのですが、最近は俳優の佐々木蔵之介の弟です、というと結構知ってくださる方があって、うれしいような複雑な気分です。

まあ、そんなことで、大学では中国文学科だった私が嫌々酒屋を継ぐことになったわけです。

佐々木酒造について|佐々木酒造株式会社

上記は会社のHPのあいさつ文ですが、やさしさで溢れるような弟晃さんの人柄が、偲ばれます。

 

 

他に家族は

父   佐々木勝也(佐々木酒造3代目)2016年10月10日に83歳で逝去。

 

母   情報が見つかりませんでした。

 

兄   名前わからず。53歳(蔵之介さんより1歳上)

    一般人の兄としか公表されていませんが、東京大学出身の建築士らしい。

 

 

 
まとめ

画面では、よくわからなかったですが、182cmの長身で驚きました。

人の運命は、どこでどうなるか分からないとよく言われますが、情熱を持ち続けることで運は切り開かれるんですね。

 

家業を継いだ、弟さんの優しさ、素直さにも感動した!

名脇役から主役もこなす蔵之介さんの今後の活躍に、注目したいと思いました。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

 

スポンサーリンク