ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ストロベリームーンとはどんな意味があるの?2020年はいつ観えるのか

 先人達が、遠い昔から狩猟や農漁業の目安にしてきたお月様。そんなお月様、中でも各月別の満月に、名前・呼び名があったとはつゆ知らず・・・。ストロベリームーンの意味とともに調べてみました。

 

 

 

 ストロベリームーンとは

 

6月の満月のことでした。

 

 

ストロベリームーンの意味は

直訳すると、いちごの月ですが・・・。

 

北アメリカ大陸では6月のころは、ちょうどいちごの収穫の季節にあたり、収穫を忘れないようにと、その目安にしたんですね。

ちなみに、日本ではいちごの収穫時期は、(4月~6月・自然栽培)ですね。

 

各月別の満月の名前・呼び名と意味は後の方でまとめておきました。

 

 

2020年のストロベリームーンはいつ観えるの

ストロベリームーンは、毎年6月に見ることができます。

 

今年2020年は、6月6日(土)です。

 

観察できる時間帯は、

6月6日(土)の19時ごろ~翌日6月7日(土)5時ごろまでです。

 

月が最も高い位置に見えるのが1時ごろです。

 

 

満月の名前の由来

世界各地に満月の名前があるようですが、日本で話題になる「ピンクムーン」とか「フラワームーン」などのユニークな名前の由来は、アメリカの農業歴にあるようです。

農業歴には、ネイティブアメリカンが古くから呼んでいた満月の名前・呼び名が書かれています。(ネイティブアメリカン:アメリカ合衆国の先住民族の総称)

月ごとの満月の主な名前は以下の通りです。

 

1月 ウルフムーン Wolf Moon(狼月 おおかみつき)

   冬に食料が無く遠吠えする狼にちなんだ名前。

   

2月  スノームーン Snow Moon(雪月 ゆきつき)

   2月は雪が多いところから名付けられた名前。

 

3月 ワームムーン Worm Moon(芋虫月 いもむしつき)

   冬の終わりに雪の上に残った虫の這った跡にちなんだ名前。

  

4月 ピンクムーン Pink Moon(桃色月 ももいろつき)

   草花の咲く季節にちなんだ名前。

 

5月 フラワームーン Flower Moon(花月 はなつき)

   たくさんの花が咲く5月にちなんだ名前。

 

6月 ストロベリームーン Strawberry Moon(苺月 いちごつき)

   6月はイチゴの収穫期を迎えることから。

 

7月 バックムーン Buck Moon(男鹿月 おじかつき)

   オス鹿のツノが7月に生え変わる事にちなんだ名前。

 

8月 スタージョンムーン Sturgeon Moon(チョウザメ月)

   8月のチョウザメの豊漁にちなんだ名前。

 

9月 ハーベストムーン Harvest Moon(収穫月)

   作物を収穫する時期にちなんだ名前。

 

10月 ハンターズムーン Hunter’s Moon(狩猟月)

   鹿などの狩猟適した月である事にちなんで。

 

11月 ビーバームーン Beaver Moon(ビーバー月)

   ビーバーが巣作りに勤しむ時期にちなんで。

 

12月 コールドムーン Cold Moon(寒月)

   冬の到来を告げる月であることから。

 

 

まとめ

満月に、名前・呼び名を付けて季節の移り変わりを知り、日常の生活に活かしていた先人の知恵ですよね。素晴らしいです。

4月の「ピンクムーン」5月の「フラワームーン」6月の「ストロベリームーン」などは日本人にも親しみを感じる名前・呼び名ですね。

今年は、名前・呼び名を思い出しつつ、満月の観察を楽しんでみたいと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

関連記事

スーパームーン2020が観られるのはいつだ!観測時間帯も調べたところ

スポンサーリンク