ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ウェルシュ菌とは食中毒症状と対策!殺菌方法やカレー以外の注意食品

 これからの梅雨の時期、夏場にかけて多くなり、心配になるのが食中毒。本日は、食中毒を起こす「ウェルシュ菌」について、症状と対策、殺菌する場合の温度は何度なのかカレー以外の注意すべき食品はどんなものがあるのか、まとめてみました。

 

 

 

ウェルシュ菌とは

ウェルシュ菌は、土や水の中、健康な人や動物の腸内など自然界に幅広く生息している細菌。特に牛・鶏・魚が保菌していることが多く、注意が必要です。

食中毒(ウェルシュ菌)とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

※発生時期としては、夏場の7月から9月に最も多く発生しています。この時期での、肉や魚の取り扱いには注意が必要ですね。

 

 

症状と対策

症状

   主な症状は、下痢と軽い腹痛。

   

   下痢は水様性の便と軟便。

   回数は1日1〜3回程度の症状が多い。

   

   多くは軽くて、1〜2日で回復します。

 

食中毒対策の基本

菌を、①つけない、②増やさない、③やっつける、ことが基本。

 

①つけないために、以下の作業前に必ず手洗いを。

   ・調理を始める前

   ・生の肉や魚、卵を取り扱う前後

   ・食卓につく前

   ・残った食品を扱う前

 

②増やさないために

ウェルシュ菌は、一度"芽胞"ができると通常の加熱では死滅しないので、"芽胞"ができないように、調理後は食品を小分けにし、すばやく冷却して冷蔵庫に保存すること。(10℃以下)

 

③やっつける 加熱処理がベスト。詳しくは以下の項目で。

 

 

殺菌方法やカレー以外の注意食品

加熱処理

ほとんどの細菌やウイルスは、加熱によって死滅しますので、肉や魚、野菜なども加熱して食べれば安心です。

ウェルシュ菌は一度"芽胞"を作ってしまうと加熱しても死滅しないことから、調理中はよくかき混ぜ、鍋底にも空気を送りながら加熱することが大事な点です。

特に、中心部を75℃で1分以上加熱することを目安にしましょう。

 

カレー以外の注意すべき食品 

汚染された肉類や魚介類を使った「煮込み料理」は要注意。

特に「カレー」以外では、「スープ」「シチュー」などの大量に作る調理は要注意。

 

 夏季(7〜9月)に最も多いのです。

 

 

 

 

まとめ

 わかりやすかったので、この記事の情報は以下のサイトを参考にさせていただきました

https://family.saraya.com/kansen/uerushu/index.html

ありがとうございました(感謝)。

分かったこと

梅雨時、7月~9月にかけての夏場に多く発生するということ。

菌を、①つけない、②増やさない、③やっつける、という3つの基本を守ること(コロナ対策にも使えそうですね)

加熱処理すれば大丈夫。加熱温度は75度で1分以上加熱すること。

大量に作る料理は要注意。カレー以外にも「スープ」「シチュー」は注意すること。

 

以上、本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

 

スポンサーリンク