ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ぶどうの種類の人気ランキングベスト品種と有名な産地

 本日は、ぶどうの人気ランキングに名を連ねる品種と有名な産地をまとめてみました。

みなさんが、食べやすさ、美味しさ、贈答用などなど、どんなところで選んでいるのか気になりました。

 

  

ぶどうの人気ランキングベスト品種

◆シャインマスカット

 種なしでまるごと食べられる。大粒で食べ応えがある。

 糖度が20度近くあり。

 

◆瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)

 果肉は歯切れがよく、糖度が高くて酸味は控えめ。

 種がなく皮が薄く皮ごと食べられる。

 

 

◆巨峰

 種なしで食べやすさからすっかり定番になった品種。

 

 

◆ピオーネ

 今はほとんどがニューピオーネと呼ばれる種なし品種。 まろやかな味。

 

◆ナガノパープル

 流通量の少ない希少なぶどう。

 種なしのものがほとんどで、皮もそのままおいしく食べらる。

 

◆デラウェア

「種なしぶどう」の定番。甘みと酸味のバランスがいいのが特徴。

 

◆甲斐路

 種ありぶどうですが人気が高い。

 上品な甘み、保存性がとても高い。比較的購入しやすい値段も魅力。

 

 

食べごろ、売れ筋人気で常に上位10位以内にランクされている品種をえらんでみました。

下記サイトを参考にさせていただきました。(転載不可でURL貼り付けました)

https://ranking.goo.ne.jp/select/1823

https://ranking.rakuten.co.jp/daily/304609/

 

人気の品種を見ると「種無し」で食べやすく、「大粒」で食べごたえがあり、甘味が強く、皮ごと食べられるといった品種に人気が集まっているようですね。

 

 

ぶどうの有名な産地

生産量第1位は山梨県です。年間42,500トンにもなります。全体のおよそ24%を山梨県で生産しているみたいです。

 

生産量第2位は長野県です。年間18,700トン。

 

第3位はサクランボで有名な山形県で、18,700トン。

 

第4位が岡山県。14,900t

2018年度のデータ農林水産省「作物統計

 https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/index.html

 

「フルーツ王国」といわれる岡山県が、トップだとばかり思ってました。

 

高級ブランドランキング

ルビーロマン 石川県で開発された赤系の超高級ブドウ

       2019年の初競りでは一房120万円という最高値を記録、一粒当たり約3

       万円という超高級品種。

 

大峰(たいほう)藤稔(ふじみのり)の特選品。山梨県のJAふえふき。

        3房入りで約2.5キロ入り 3,700円くらい。

 

 

キングデラ 一枝から1~2房しか収穫できない 希少性の高い品種

      主な産地は山梨県で、全国の半分以上を占めています

      平均糖度20度以上。1kg(5~6房) 8000円ほど(税込み)

 

 出典:https://www.seika.aussie-fan.co.jp/post-1466/

 

 

まとめ

生産量トップ3が、山梨県、長野県、山形県とは、認識を新たにしました。

ぶどうのプロ達が教えるには、種無しぶどうのほうが美味しいとのことです。

 

ぶどうを種なしにする際には、ジベレリンという成長ホルモン剤にぶどうをつける作業が必要です。

ジベレリンにつけたぶどうの方が大粒に成長しますが、小粒で種ありのぶどうと糖分は変わりません。大粒な分、甘さは小粒のぶどうより薄まっているので種ありの方が甘み、コク、香りと全て上回っています。

https://ranking.goo.ne.jp/select/1823

 

ときどきは、ぶどう本来の美味しさ味わうために、種無しぶどうも食してみようとおもいました。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

スポンサーリンク