ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

さくらんぼの種類は何種類あるの?品種名と旬の時期や味と特徴まとめ

本日は、これから旬を迎えるさくらんぼの種類や品種名、旬の時期と味などまとめてみました。有名な「佐藤錦」以外にどれくらい知ってますか。お試しあれ!

          佐藤錦(さとうにしき)

            佐藤錦

 

さくらんぼの種類

世界では、1000種類を超えるサクランボが栽培されています。

国内だけでも100種類程あり、

山形県では、30種程度といわれています。

以下、山形県の主な品種名と旬の時期や味や特徴をまとめてみました。

 

品種名と旬の時期・味・特徴

◆佐藤錦(さとうにしき) 

  露地栽培もので6月中旬から7月上旬。

  糖度が高く、酸味とのバランスが抜群

  「赤いルビー」と呼ばれ、知名度も高い品種。生産量も国内トップ。

 

◆紅秀峰(べにしゅうほう)

 6月下旬から7月上旬。

 大粒のさくらんぼで見た目も食べ応えも十分。

 果肉がしっかりで、果汁が多い。「佐藤錦」と「天香錦」の交雑種

 

◆紅てまり 

 7月上旬から7月中旬。シーズンの最後に出回る品種。

 大粒のさくらんぼで、食べ応え十分。

 果肉がしっかりしているので、噛んだ瞬間、パリッとしてジュワーっと

 果汁が口の中に広がります。

 

◆紅さやか

 6月上旬に収穫できる早生品種。

 「佐藤錦」より酸味は強いが適度な甘みがありバランスが良い味わい

 大きさは5~7gで早生種の中では大きく、果皮の色は朱紅色で、熟すと

 紫黒色に色付き、果肉も赤い。

 

◆紅きらり

 収穫時期は、6月下旬。

 果実は8グラムから9グラムと大きい。硬さは中、果汁は多い。

 甘みはやや多く、酸味は少ない。

 果皮の色は帯朱紅で着色はやや多く、果肉はクリーム色。

◆紅ゆたか

 収穫時期は、佐藤錦より数日早い6月中旬。甘みは多く、酸味は少なく果汁は多い。

 大きさは6グラムから9グラム程度。果皮は淡赤色、果肉はクリーム色で軟らかい。
 

◆ナポレオン

 佐藤錦を初め、いくつもの優良品種の親になっています。

 

◆南陽(なんよう)

 6月下旬で、佐藤錦とナポレオンの中間の時期。

 果実は8グラムから10グラムの大玉。ハート形をたてに潰したような形。

 果皮色は黄色地に淡紅色。果肉は黄白色で硬い。
 

◆月山錦(がっさんにしき)

 珍しい黄色いさくらんぼです。

 

◆高砂(たかさご)

 佐藤錦より1~2週間早く収穫される。さくらんぼの旬初めに店頭に並びます。

 

◆豊錦(ゆたかにしき)

 果肉が柔らかく、酸味が少ないので甘さが強く感じられるのが特徴。

 

◆香夏錦(こうかにしき)

 早生種で、5月下旬頃から6月下旬。

 肉質は軟らかく、果汁が多い。甘みが多く、酸味は少ない。

 大きさは平均6グラム程度。果皮は黄色赤斑。果肉は乳白色で。

 

◆山形美人

 佐藤錦の枝変わりで、佐藤錦と同じくらいの大きさや形。

 その表皮の色は赤みが強い。

 

◆紅夢鷹(べにむたか)

 収穫時期は、6月中旬。

 大きさはやや大。果肉の硬さは中位で果汁多い。甘み多く、酸味は少ない。

 果皮の色は帯赤黄斑。果肉はクリーム色で着色はない。
 

◆夕紅錦(ゆうこうにしき)

 収穫時期は、6月20日頃。

 6グラムと中程度の大きさ。硬さは中。

 果汁は多く、甘みは中で酸味は少なくナポレオンに近い風味。

 果皮は帯赤黄斑色、果肉の色は乳白。

 

◆八興錦(はっこうにしき)

 収穫時期は、6月中下旬。果汁が多く、甘みは中で酸味は少ない。

 大きさは中で佐藤錦程度。果皮色は帯朱紅。果肉はクリーム色、硬さは中である。
 

◆レッドグローリー

 山形で育成された品種。

 

◆マドンナの瞳(まどんなのひみ)

 収穫時期は、6月中旬。                       

 果肉は軟らかく、果汁は多い。甘みは中で酸味は少ない。

 大きさは大である。果皮色は帯朱紅で、果肉の色は乳白。
 
◆ジャイアントキング
 山形で育成された品種。
 
◆ダイアナブライト
 収穫時期は、佐藤錦と同じ6月中下旬。果汁は多く、甘みは中位で酸味は少ない。
 果実は11グラム程度と大玉。果皮は帯赤黄斑色で種子は大きい。果肉の色は乳色。
 
◆瑞光(ずいこう)
 収穫時期は、6月初旬と早い。味は甘み多く(糖度約15度)酸味少ない。
 果実は小さく(平均4.8グラム)。果皮色は黄色赤斑、果肉乳白色で硬い。
 
◆さがえ
 収穫時期は、6月下旬である。
 果実は極大。食味も良い。果実は南陽と似ている。
 
◆陽光(ようこう)
 山形にて偶然に発見。果実はやや大きく、晩生種。
 
 
◆旭光(きょっこう)

 中生種の大玉である。果皮色は紫黒赤斑。果肉は赤く、硬い 。

 
◆ひかり

 山形において偶然に発見。

 
◆蔵王錦(ざおうにしき)
 収穫時期は、6月中旬から下旬。甘みが強く、酸味が少ない。
 果実は大きく、果肉は柔らかい。果皮は黄色赤斑。
 
◆高陽錦(こうようにしき)
 大きさは7グラムから9グラム程度。
 果汁、甘み、酸味ともに多く、味わいは濃厚。
 果皮は、帯赤黄斑。果肉は硬く、色は乳白色。
 
◆おばこ
 山形において育成された偶発生種。
 
◆正光錦(せいこうにしき)
 収穫時期は、育成地である福島県で6月上旬の早生種。
 果汁及び甘みは多く(糖度約16度)酸味少ない。
 大きさはやや大(平均7.4グラム)、果皮色は黄色赤斑で、果肉の色は乳。
 肉質はやや硬い。
 
◆最上錦(もがみにしき)
 長野県で育成された品種。 
 
◆北光(ほっこう)
  収穫時期は、北海道で7月上旬から中旬。果肉は軟らかく、甘み酸味とも強い味
 大きく、先端がややとがっているのが特徴。果皮色は黄色地に赤色。
 北海道では栽培面積の約4割を占める。
 
◆さおり
 収穫時期は、育成地である山梨県において6月中旬 。
 果汁多く、甘みは中(糖度17度程度)で酸味多い。
 大きさは10グラム程度と極大。
 果皮色は黄色赤斑、果肉はクリーム色。硬さは中。
 
◆貴黄(きこう)
        貴黄(きこう)
 収穫時期は、6月中下旬。青森県で育成された品種。 
 果実は10グラムから12グラムと大きい。
 果皮は黄色と珍しい。果肉は硬く、果汁多い。甘みは中で酸味は少ない。
 
◆光麗(こうれい)
 収穫時期は、育成地である長野県で6月中から下旬。
 果汁多い。甘みは中で酸味は少ない。
 大きさは中から大。果皮は黄色赤斑で、果肉は乳白色。
 
◆紅真珠(べにしんじゅ)
 収穫時期は、育成地である青森県において6月中下旬。
 甘みは多く(糖度15度程度)酸味は少ない。
 大きさは中(7グラム程度)である。果皮色は帯赤黄斑で、果肉は乳白色。
 果肉の硬さは中で果汁は多い。
 
◆花駒(はなこま)
 収穫時期は、育成地の福島で5月末から。
 果汁は多く、糖度も高く、酸味もあり濃厚な味わい。
 果実は大きく、果皮は黄色地に濃紅色。果肉は乳白色。
 
以上34種類をまとめてみました。
 
 

まとめ

この記事の情報は、以下のサイトを参考にさせていただきました。

ありがとうございました(感謝)

出典

さくらんぼ大百科事典【品種解説】(作出国:日本):寒河江市公式サイト

 

さくらんぼの種類も多いですね。主産地の山形県だけでも30種類もあります。

品種名はとても、覚えきれません。

佐藤錦くらいしか知りませんでした。

 

あと分かったことは

さくらんぼの果実は、10グラムから12グラムだと粒が大きい方です。

早生品種である花駒(はなこま)、正光錦(せいこうにしき)、香夏錦(こうかにしき)などは、もう出まわる頃ですね。

「紅てまり」は、7月上旬から7月中旬。シーズンの最後に出まわります。露地栽培のものは、7月までですね。

「さおり」のように甘みが強い品種は、糖度が17度以上あります。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

 

スポンサーリンク