ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

高速道路の最高速度が120 ㎞に!軽自動車や二輪車はどうなるのか? 

今年8月をめどに、高速道路の最高速度を定める交通規制基準が改正され、時速100km/hから時速120km/hに引き上げられます。1963年に日本初の高速道路である名神高速が開通してから初めてのことです。全国一斉なのか、気になる軽自動車や二輪車も対象なのか、調べてみると・・・。

 

 

120㎞となる対象区間は

高速道路のすべての区間が一度に120km/hになるわけではありません。差し当たり対象となる最有力区間は以下のようです。片側3車線道路が優先されそうです。

 

1、新東名 御殿場JCT~浜松いなさJCTまでの145km。

 

2、東北道 東北道(浦和IC~佐野スマートIC/約53km)

 

3、常磐道(柏―水戸IC間約71km)

 

4、東関東道(千葉北IC―成田JCT約26km)

 

5、東北道 花巻南IC~盛岡南ICの27km

 

 

対象車両は!軽自動車や二輪車はどうなるの?

 ・普通乗用車

 ・バス

 ・軽乗用車

 ・自動二輪車など

 

試験導入された区間では、 現在100km/hで走行できる車両が対象となっており

120km/h区間導入になっても、対象車両は変わらず、気になる軽自動車や自動二輪車は、大丈夫と思われます。(個人的な意見)

トラックなどの大型貨物車は現行の80km/hのままで対象外となりそうです。

 

 

120km/hの対象となる区間の基準

・設計速度120kmhで、実勢速度も100km/hを超える交通流であること

 

・死傷事故率が高くないこと

 

・距離20km以上連続で、120km/hの引き上げが可能なこと

 

・最高速度が引き上げられても、道路状況や交通状況が安全で円滑な通行を妨げ

 ないこと

 

以上のような基準にもとづいて、順次120km/h区間が拡大されていくものと思われます。

ちなみに、現在設計速度が120km/hを超える高速道路は、全国に総延長691kmあります。

 

 

120㎞改正への経過

〇2016年3月に警察庁から、高速道路の速度規制を100km/hから120km/hへ引き上げる方針が発表。

 

〇2017年に110km/hの試験導入。

・2017年11月に新東名 新静岡IC~森掛川IC間の50.5km

・2017年12月に東北道 花巻南IC~盛岡南ICの27km

上記の2ヶ所で試験的に、制限速度を100km/hから110km/hに引き上げて事故の実態等を1年間調査することに。

 

〇2019年3月に120km/hの試験導入。

・新東名の新静岡インターチェンジIC~森掛川IC(上り49.7km、下り50.1km)

・東北道花巻南IC―盛岡南IC(上り27.3km、下り27.4km)

 

〇「120km/hの試験」の結果、実勢速度、死傷事故件数や死傷事故率の双方で、110km/h試行時と「大きな変化はなかった」ことから、今回の交通規制基準が改正されることになりました。

 

 

まとめ

参考資料

https://www.asahi.com/articles/ASM1Z452XM1ZUTIL011.html

https://clicccar.com/2020/07/22/996808/?post_date=20200722225044

 

速度引き上げに対する評価は、賛否両論あるようですが、混雑が解消されドライバーのストレスが少しでも低減されるならば、個人的にはいいと思いますよ。

ただ、全路線に拡大されても、目的地への時間短縮はあまり期待できないと思いますね。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

スポンサーリンク