ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

500円玉が2色に!いつから・どんな色に?大きさ・重さ・厚さと歴史も

財務省によると、偽造防止のたに新500円硬貨を2色にして発行するそうです。そこで、いつからなのか、どんな色になるのか、直径や重さとともに変遷の歴史もまとめてみました。

 

           f:id:shougaikenkou120:20200817171714j:plain

 

 

500円玉はいつから2色になるのか

財務省によると、2021年度上半期 を予定しているそうです。

発行されれば、3代目になります。

 

変更の中味と理由は、

 

 ・表裏の図柄は現在とほぼ変わらない

 ・偽造の防止が最大の理由で

 

 現行の500円硬貨の色と銀色の2色を組み合わせるそうです。

 

ニッケル黄銅の中心を円形にくりぬいて、銅などを使って3層構造にした銀色の部品をはめ込んで造るそうだが・・・??。

素人には、チンプンカンプンです。

 

色以外のデザインは、周囲の線形の彫り込みの形が変わる予定だそうです。

 

新硬貨の発行は、現在の500円硬貨に替わった2000年以来21年ぶり、1982年初代から数えると実に39年ぶりとなりますね。

 

 

500円玉はどんな色になるのか

現行の500円硬貨の色 と 銀色 の2色です。

 

この2色の組み合わせになります。

 

 

500円玉の歴史

1982年初代

   500yen-S57.jpg

材質は銅75%、ニッケル25%の白銅製

 

2008年2代目

   500JPY.JPG

 

デザインと材質を変更して登場。

材質は、銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅制

初代と比べて、色がやや金色がかり、重さも7.2gから7.0gに0.2g減っています。

 

2021年3代目

 

2021年上半期デザインと材質を変更した3代目が登場の予定。

 

 

発行順の大きさ・重さ・厚さ

     大きさ(直径)    重さ       厚さ

 

初代    26.5mm        7.2g      実測で1.85mm

 

 

2代目    26.5mm                  7.0g       実測で1.81mm

 

 

3代目    26.5mm       7.1g                         ?(不明です)

 

 

・直径は、初代から3代目まで同じですね。

 

・重さは、2代目は初代より0.2g軽くなっています。

     3代目は現在使用中の2代目よりは0.1g重くなる予定ですね。

 

・厚さは、初代と2代目は設計上は同じですが、初代の縁が平滑面に陰刻なのに

 2代目はギザに変更されたことにあります。

 

 このため、初代硬貨50枚用のコインホルダーに2代目硬貨が51枚収納できる場合

 があります。興味ある人は試してみてください。

 

大きさは、携帯の利便性、他の貨幣と比較での分かりやすさ、諸外国の高額貨幣とのバランス、自動販売機などの関係を深く検討して決めているのだとか。

大きさくらいでと思ってました。初耳でビックリです。

 

 

まとめ

この記事は、すべてヤフーニュースウィキを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

 

3代目の500円硬貨は、来年度2021年上半期に発行されること。

 

イメージ画像を見る限り、銀色と薄い金色の2色に見えますね。なんか、高級な、高価な硬貨に見えてきました。発行に期待が膨らみます。

 

大きさ、重さ、厚さを決めるのに結構、深く、細かく検討されていることを知って、ほんまに、ビックリしました。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

 

 

 

 

スポンサーリンク