ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

JRの子供料金はいつからいつまで必要か!年齢別と新幹線の金額

先日のJR西日本の「どこでもドアきっぷ」の記事作成において、「こども」の定めがなくて、難儀しましたので今回は、JRの子供料金について、何歳から必要なのか、年齢の区分や新幹線の子供料金はどうなっているのかなどまとめてみました。

 

 

 

子供の料金を知る前に「大人」と「こども」の区分を確認しておきましょう。

JR各社の大人と子供の区分

子供の料金を知る前に「大人」と「こども」の区分を確認しておきましょう。

 

・おとな  12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)

・こども  6歳以上12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)

・幼児   1歳以上6歳未満

・乳児   1歳未満

 

「大人」と「こども」の区分は以上のように定められています。JR各社すべて同じ区分がされています。

詳しく、確認されたい方はJR各社の料金サイトを貼っておきましたので、ご利用ください。

JR北海道

JR東日本

JR東海

JR西日本

JR四国

JR九州

 

 

JRの子供料金はいつからいつまで必要か

 区分による「こども」が対象者で

基本的に、6歳以上から12歳未満まで子供料金が必要となります。

 

ただし、

・6歳でも小学校入学前は「幼児」と見なされ、料金は不要です。

・12歳でも小学生は「こども」と見なされ、子供料金が適用されます。

 

 

 

 

「こども」の年齢別の料金額

◆「こども」の場合

 ・乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額です。

  5円のは数は切り捨てます。ただし、半額とならない場合があります。

 

 ・グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は

 「おとな」と同額です。

 

 ・「おとな」1人と「こども」1人で、または「こども」2人で1つの寝台が利用

  できます(「寝台券」参照)。

 

◆「幼児」、「乳児」の場合

  基本的には「幼児」、「乳児」は無料です。

 

ただし、次の場合は「こども」の運賃・料金が必要です。

1「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合

 3人目から「こども」の運賃・料金が必要です。

 

2「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、

 寝台等を利用する場合。

 

3「幼児」が単独で旅行する場合。

 

 

新幹線の子供料金額

新幹線の場合、こども料金が発生するのは「小学校に入学している6歳」からです。

料金額は

・「幼児」、「乳児」は無料です。

・基本的には、乗車券、特急券は大人料金の半額です(5円の端数は切り捨て)。

・自由席の場合は、自由席特急券が半額になります。

・指定席の場合でも、指定席特急券が半額になります。

 

 

 

まとめ

チラッと、JR各社で「子供料金」の定めが違うのかなと思ったりして、調べてみましたが、定めは全社同じでした。

 

「こども」の定めは、「小学生」が対象ということで覚えておくといいと思いました。

中学生以上が「大人」で、「小学生」以下は幼児・乳児ということですね。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)。

 

 

関連記事

www.trehate.com

 

 

スポンサーリンク