ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ミロの成分や原材料は!何歳から飲めるんだろう?

ネットで話題になり販売休止の状態になっている「ミロ」。人気の秘密はやはり含まれる栄養成分ではないかとお思い、あらためてその栄養成分や原材料がどんなものか、まとめてみました。

      f:id:shougaikenkou120:20201218130228p:plain

               公式サイトより

 

 

ミロについて

ミロは麦芽飲料です。その麦芽エキスを主成分としている麦芽飲料です

ネスレ社が製造、販売しており、日本では1973年からネスレ日本が販売しています。

 

 

ミロの成分と原材料

参照元:ネスレ ミロ オリジナル 原材料名・栄養成分表示・アレルギー表示

◆栄養成分 スプーン1杯(15g)

・熱量      60kcal

・たんぱく質   1.2g

・脂質      1.6g

・飽和脂肪酸   1.0g

・炭水化物    10.7g

・糖質      9.8g

・糖類      6.5g

・食物繊維    0.9g

・食塩相当量   0.044g

・カルシウム   225mg

・鉄       3.2mg

・ビタミンB2   0.30mg

・ビタミンB6   0.40mg

・ビタミンB12  0.64μg

・ナイアシン   4.6mg

・ビタミンC   15mg

・ビタミンD   1.7μg

 

※ビタミンB群は、エネルギーをつくるのに欠かせない栄養素

※1m(ミリ)g=0.001g

※1μ(マイクロ)gは0.000001g

◆ミロの原材料

・混合大麦麦芽エキス(麦芽とは大麦を発芽させた麦粒のこと)

・砂糖

・ココアパウダー

・脱脂粉乳

・植物油脂

・乳清カルシウム

・リン酸カルシウム

・炭酸カルシウム

・ビタミンC

・pH調整剤(食品の酸性又はアルカリ性の度合を調整する添加物)

       腐敗防止や変色防止の目的で使用。

・ピロリン酸鉄

・レシチン(大豆由来)

・ナイアシン(ビタミンB群の仲間)

・ビタミンB 6

・ビタミンB 2

・酸化防止剤(ビタミンE)

・ビタミンD

・ビタミンB12

 

特に体の成長に欠かせないカルシウム 、鉄、ビタミンDが豊富ですね。

カルシウムは、骨の成長や維持に欠かせない栄養素。1杯分で1日の摂取量の目安の56%が含まれています。

 

鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素

1杯分で1日の摂取量の目安の44%が含まれています。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素。

1杯分で1日の摂取量の目安の40%が含まれています。

 日本人の食事摂取基準(2015年版)では1日の摂取の目安量が、18歳以上の男女ともに5.5㎍(マイクログラム)、耐用上限量が100㎍と設定されています。

 

 

何歳から飲めるのか

◆ミロは何歳から飲めますか?

 離乳が完了する1歳半前後から飲ませることができます。

 

◆飲ませ方

個人差がありますので、飲み始めは牛乳150mlに対して、スプーン1杯~1.5杯のミロを加えて薄めに作り、お子様の様子を見ながら飲ませるのがおすすめですね。

大人が飲んでもOK! 

大人の栄養摂取にも、おすすめですね。

 

 

まとめ

何よりもカルシウム、鉄、ビタミンDをはじめとしたビタミンB群の基礎的な栄養成分が豊富で、気軽に摂取できるところがいいですね。

とりわけ、子供たちだけでなく、高齢者にもいいと思いました。

再販されれば、骨粗しょう症予防にぜひ飲んでみたいと思います。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)。

 

関連記事

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた - ときめいて120

スポンサーリンク