ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

アーモンド1粒のカロリーは?栄養と効果・効能や食べ方も

この記事では、くるみと並んで、健康効果の高いと言われるアーモンドについて1日の適量は何粒なのか、いつ食べるのがおすすめなのかなど調べてみました。健康によさそうと思っただけで3年ほど食べていますが、食べ過ぎの感ありで、改めて確認。

 

     f:id:shougaikenkou120:20210723161353p:plain

           フリー

   

アーモンド1粒のカロリーと栄養

カロリー        5.87kcal(重さ約1g)

たんぱく質       0.196g

脂質(不飽和脂肪酸)  0.518g

炭水化物        0.209g

糖質          0.92g

食物繊維        0.104g(総重量の1/10超)

ビタミンE       0.314g     

ビタミンB2

ナイアシン

葉酸

パントテン酸

カルシウム      0.25mg

カリウム       0.76mg

マグネシウム

亜鉛

鉄          0.03mg

リン

マンガン

※出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

アーモンドもくるみと並んで栄養が豊富で、カロリーが高いたべものですね。

 

効果・効能

◆ビタミンEが豊富で、ゴマの約300倍、ピーナッツの約3倍も。

ビタミンEには抗酸化作用があり、むくみの軽減、しみやシワ、老化の予防に効果。

 

◆食物繊維も豊富で、レタスの約9倍も

食物繊維には整腸作用や肥満や生活習慣病を予防する効果が。

◆脂質に「不飽和脂肪酸(オレイン酸)」が豊富

悪玉コレステロールを低減させる作用があります。

血圧を下げる効果のある「リノール酸」も多く含まれています。

◆ビタミンB2

肌や粘膜の健康を保護したりする働きがあります。

◆その他

カルシウム、カリウム、マンガン、鉄、リン、マグネシウムなど、ミネラルも豊富で体の調子を整えたり、B群もたっぷり。

※出典元:アーモンドの栄養に注目! | 【公式】江崎グリコ(Glico)

 

 

食べ方

◆1日の適量

1日に食べる適量は20から25粒くらいがおすすめ。素焼きアーモンドだと25粒のカロリーは150キロカロリーほどです。

◆よく噛んで食べることがポイント!食べ過ぎ予防になります。

◆くるみと同じように、そのまま食べるなら、おやつがおすすめですね。

◆1日25粒の主な栄養の摂取量は

 ・ビタミンE   7.85g

 ・食物繊維    2.6g 

 ・不飽和脂肪酸  13g  

 ・ビタミンB2   0.27g 

ビタミンEの1日当たりの摂取目安量は男性で6.5mg、女性で6.0mgとされているので、1日で摂取することができますね。「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

 

まとめ

改めて確認できたことは

アーモンドには特に、抗酸化作用のある「ビタミンE」が豊富で、老化予防にすぐれているということ。

高カロリーなので、食べ過ぎ注意。よく噛んで食べること。

1日の適量は25粒まで。そのままで食べる場合は、おやつ食せ。

以上のことを守って、これからもアーモンドを食べたいと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

くるみ1粒のカロリーは?栄養と効果・効能や食べ方も!

なか卯のうなぎ2021!気になる産地とカロリーに期間や感想・評判など

ポカリスエットとアクエリアス比較!カロリー・糖分・塩分・成分・売上

ファミマ冷やし焼き芋は何グラムある?カロリーと糖質量に賞味期限は

シャウエッセン1本のカロリーはいくら?塩分と糖質も気になる! - ときめいて120

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた - ときめいて120

 

スポンサーリンク