ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ホワイトエッグ卵とは?通常の卵との栄養価の違いや産地に用途

ネットニュースで「ホワイトエッグ 卵」なる言葉を目にしましたが、なんのこっちゃです。通常の卵とのカロリーや栄養の違いはどうなのかが一番に気なりました。産地や用途についても、調べてみました。

 

 

ホワイトエッグ 卵とは

その名の通り「黄身が真っ白な卵」です。知らなかったです。

2016年頃には、大手食品メーカーのキユーピーが飼料会社と共同で開発した黄身が白いたまご「ピュアホワイト(R)」が販売されていますね。

 

             ピュアホワイト  

                 ホワイトエッグ(ピュアホワイト)     

 

                一般的なたまご

        一般的な卵

 

卵の黄身の色は鶏が食べる餌によって変わると言われています。

ホワイトエッグは「米を主原料とした餌」を与えて育てた鶏が産んだ卵なので黄身が真っ白になるんですね。

一般的には、トウモロコシを主原料とした餌を与えて育てることが多いので、その鶏が産んだ卵は黄身が黄色になります。

 

ホワイトエッグ卵のカロリーや栄養

ホワイトエッグ卵のカロリーや栄養価には、一般の卵と違いはありません。

ただ、米を主原料にした餌を食べてできた卵なので、通常の卵よりも脂質が2gほど少なくなっており、その分カロリーも低めで一般の卵よりヘルシーです。

もう1点、一般の鶏の餌は90%が輸入のトウモロコシが主原料ですが、ホワイトエッグ卵の餌の主原料は国産米なので、安全で安心して食べられますね。

一般の卵の栄養価は、こちらを参考にどうぞ。

 

生産地はどこ

特に有名どころは

 「滋賀県 天使の卵」

 「愛媛県 米っ娘たまご」

です。

 

値段や購入方法

愛媛県 米っ娘たまご

 

「滋賀県 天使の卵」

      ・ 味わえる店 

 

      ・買えるお店

 

農家の台所

     

用途

お菓子やケーキなどに多く使われています。業務用の販売が主のようです。

・「天使のプリン

  プリンに使用している卵の名前からきています。

 

クラブハリエ 「ホワイトバーム」

 

イヨエッグ 「白壁ロール」

 

菓匠三全 萩の月(グランスタ東京店内)

 

 

まとめ

恥ずかしながら、黄身の白い卵の存在は知りませんでした。

一番気なった「ホワイトエッグ」の栄養価が通常の卵とほとんど違いがなく、むしろ通常の卵より脂質が少なくヘルシーで、エサも国産で安心。

ぜひ、食してみたいと思いました。販売店も愛媛にありますし・・・。

生産の多くは、業務ように需要があるようです。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

卵1個(生・ゆで・目玉焼き・卵焼き)カロリーや栄養の違い

うずらの卵1個(生・水煮)の栄養と効果・効能をチェック

 

 

スポンサーリンク