ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

人参ジュースコップ1杯のカロリーや栄養と効果・効能について

この記事では、毎朝、食前に飲んでいる「人参ジュース」のコップ1杯の栄養成分とともに、その効果・効能と効果的な飲み方を調べてみました。

 

人参ジュース1杯のカロリーと栄養

コップ1杯は、206gでの栄養です。

 ・カロリー     58kcal 

 ・たんぱく質    1.24g

 ・脂質       0.21g

 ・炭水化物     13.8g  

 ・糖質       13.4g

 ・食物繊維     0.4g

 

野菜は基本的に低カロリーで低糖質のはずなのに、人参はカロリー58kcalで糖質量が13.4gとは、低カロリーですが糖質が高めだね。

トマト1個(200g)のカロリー35.4kcal、糖質7.4gと比べても約倍ほどの差があります。

 

栄養成分は、ビタミンやミネラルでは、ビタミンAとカリウムの成分が多いですね。

 

 

効果・効能

カリウムは、むくみ予防に役立つ栄養素です。

にんじんジュースコップ1杯に576.8mgのカリウムが含まれています。

カリウムは、ナトリウムを体外に排出したり、血圧を下げたり、塩分の摂りすぎによるむくみをやわらげてくれますよ。

 

18歳以上の1日の摂取量は、

 男性では1日2,500㎎

  女性では2,000㎎

    ※日本人の食事摂取基準(2020年版)

にんじんジュースコップ1杯で1日の摂取量の3分の1は摂取できますね。

 

ビタミンAは、老化予防に役立つ栄養素です。

目や皮膚の粘膜を健康に保ち、抵抗力を強める役割があります。

また、暗いところでの視力を保つ働きがあります。

 

 

人参ジュースのおすすめの飲み方

食事の30分前に飲むのがいいようです。

    食後の血糖値の上昇を抑えられますので。

 

免疫力を高める作用のあるカロテンは、にんじんの皮部分に多く含まれていますので、皮ごとミキサーにかけてジュースにすること効果的な栄養摂取につながります。

 

まとめ

体にいいと知人から教えられてもう何年も飲んでいるのに、栄養のこと、その効果・効能のことなど、とんと気にすることもなく飲んでいましたが、今回調べてみてよかったです。

血圧を下げる効果があること。

野菜の中では糖質が高くて、飲み過ぎに注意。

飲み方も、食事の30分前に飲めば、食後の血糖値上昇が抑えられること。(食前に飲んでてラッキーでした)

人参は皮ごと食すること。(実行してました)

など、確認することができて、いい勉強になりました。

参考サイト:https://calorie.slism.jp/201491/

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

シャウエッセン1本のカロリーはいくら?塩分と糖質も気になる!

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

甘平1個のカロリーや糖質に旬や値段と食べ方まとめ

卵1個(生・ゆで・目玉焼き・卵焼き)カロリーや栄養の違い

野菜ジュースいつ飲むと効果的?選び方は(栄養とカロリーと砂糖)?

 

 

スポンサーリンク