ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

びわ1個のカロリーと糖質や効能・効果や食べ方まとめ

びわは、大きな種が何個も入っていて、「種ばかりで食べる部分が少ない」と思ったりしてますが、昔から薬の代わりとして使われております。この記事では、栄養価やその効果・効能、保存方法などをまとめてみました。

 

びわ1個のカロリーと糖質

びわ1個(35g)の栄養成分は下記の通りです。

 

カロリー     14kcal

タンパク質    0.11g

脂質       0.04g

炭水化物     3.71g

糖質       3.15g

その他栄養成分では、

ビタミンAとマンガンの成分が豊富に含まれています。

 

血糖値を気にする方々でも、一度に10個ほど食べても大丈夫ですね。

 

効果・効能

人参にも多いβ-カロテンが、「びわ」にも多く含まれております。

これは体内でビタミンAに変換されます。

そして髪の健康や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、さらに喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあります。

 

ポリフェノールも含まれており、活性酸素を抑え、がん予防にも効果があるといわれています。

ブドウの巨峰と同じくらいの含有量だと言われています。

 

マンガンは、消化吸収する酵素の活性化、血液の生成を助ける、骨を補強などの効能があります。

 

食べ方と保存方法

〇選び方と食べ方

・選び方は、

綺麗なオレンジ色をしていて、産毛がしっかりと残っている物を選びます。

 

びわの旬の時期は、4月頃見かけるようになりますが、最も多く出回るのは5~6月です。

 

・食べ方

非常にいたみやすいので、買ったらすぐに食べるのがベストです。

 

ビワは皮が薄いので、手で簡単にむけます。

皮をむくときは、へそ側(お尻側)からむくのがおすすめです。このほうがスルっとむけます。

 

また、あらかじめナイフで十字に切り込みを入れておくと、よりスムーズにむけます。皮をむいたらそのままパクっと食べましょう。

 

保存方法

ビワは追熟はしないので、「保存はしない」の心掛けで!

 

冷蔵庫など低温のもとでは傷みが早くなりますので、冷やすのは食べる直前にして、それまでは冷暗所において保存を。冷暗所でも2日程度が目安です。

 

長期間保存はシロップ煮にして、煮沸消毒したものを瓶に詰めて冷蔵庫で保存しましょう。

 

まとめ

今回分かったことは

びわは、なんと日持ちのしない果物かということに、まず驚きました。

 

人参と同じくβ-カロテンが豊富で、効能が凄い!
髪や視力、粘膜や皮膚の健康維持、さらに喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるとは

 

毎年、旬の時期にいただこうと思います。

 

購入するときには、産毛がしっかりと残っているいるもが、新鮮だということも分かりました。

参考資料

日本食品標準成分表

カロリーSlism

旬の食材百科

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

シャウエッセン1本のカロリーはいくら?塩分と糖質も気になる!

甘平1個のカロリーや糖質に旬や値段と食べ方まとめ

すもも1個のカロリーと糖質や効果・効能と食べ方について

干し芋1枚のカロリーと糖質に効果・効能などまとめ

 

スポンサーリンク