ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

すもも1個のカロリーと糖質や効果・効能と食べ方について

ここ2年ほど時期になるといただく「すもも」。「サンタローザ」別名「さんたろう」とも呼ばれる品種です。この記事では、ほどよい酸っぱさと甘みがクセになる果物ですので「すもも」の栄養や効能などをまとめておくことにしました。

     プラム・ハリウッド スモモ

            出典元:旬の食材百科

 

 

すもも1個のカロリー糖質

1個の重さ100gのもので算出しています。

 

 ・カロリー     44kcal

 ・たんぱく質     0.6g

 ・脂質        1.0g    

 ・炭水化物      9.4g  

   糖質       7.8g

 ・食物繊維      1.6g

 

カロリーは100gで44kcalと低めですが、甘みがあるので糖質はちょっと高めですね。

他の果物と糖質・カロリーを比較してみるとよくわかります。

 ・りんご    61kcal   糖質14g

 ・バナナ    86kcal   糖質21g

 ・キウイ    53kcal   糖質11g

 

ちなみに、

「すもも」の種類は主なものだけでも23品種あります。

安くて美味しいの時期は6月中旬から8月の真夏で、私がいただく「サンタ・ローザ」は7月~8月上旬です。

 

 

効果・効能

果肉に含まれている酸味はリンゴ酸で、

クエン酸も多く含まれており、疲労回復に効果あり。

 

ペクチンなど水溶性の食物繊維もたくさん含まれていて、

整腸作用があるので、便秘予防に効果あり。

 

筋肉にとっても欠かせないミネラルも多く、カリウム

ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果あり。

また、長時間の運動による筋肉のけいれんなどを防ぐ働きもあり。

逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こす。

 

強い抗酸化作用のあるビタミンE

皮の部分に多いアントシアニンはポリフェノールの一種で疲れ目の

改善のほかにも、血糖値の上昇を緩やかにする効果あり。

 

 

食べ方

・皮ごと食べるのがいい。皮の部分に酸味や、ポリフェノールなどの栄養豊富。

・食べ過ぎに注意。腸内で消化しきれず、下痢や腹痛を引き起こしてしまいます。

・食前に食べるのがおすすめ。血圧の上昇を抑え、肥満予防になります。

・朝ごはんに一緒に摂ると、便秘解消に効果あり。

 

調理としては

タルトやケーキのトッピングの他、ヨーグルトにも合うし。

ジャム、シャーベット、ムース、スムージーなどもありですね。

 

 

まとめ

ほどよい酸っぱさと甘みがクセになるんですよね。夏にピッタリ!

高血圧、便秘解消に効果あるし、血糖値の上昇も抑えてくれる「すもも」。私にはピッタリな果物です。

いろいろ食べ方はあるようですが、栄養を丸ごと摂りたいので、今夏もジャムにしていただこうと思います。

参考資料:旬の食材百科

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

すももジャムのスプーン1杯のグラムとカロリーはどれくらい

シャウエッセン1本のカロリーはいくら?塩分と糖質も気になる!

びわ1個のカロリーと糖質や効能・効果や食べ方まとめ

甘平1個のカロリーや糖質に旬や値段と食べ方まとめ

 

 

 

スポンサーリンク