ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

動と働の語源を知れば意味や違いと使い方も分かりやすい!

今回は、音読みで「ドウ」と読む「動と働」の語源から生まれる意味や違い違いなどを学習してみました。

 

            

動と働の語源

〇動の語源

 

     

会意兼形声文字です。

 ・「人が立っている」象形。

 ・「重い袋の両端をくくった」象形。

 ・「力強い腕」の象形。

3つの象形文字をあわせて、

人が重い袋を「うごかす」を意味する「動」の漢字が成立。OK辞典

 

「重い袋の両端をくくった」象形の部分は、ちょっと想像するのが難しいですね。

この漢字は小学3年生で習うそうです。早いですね。

 

働の語源

 

     

会意兼形声文字です。

 ・「横から見た人」の象形。

 ・「人が立っている」象形。

 ・「重い袋の両端をくくった」象形。

 ・「力強い腕」の象形。

4つの象形文字をあわせて、人が重い袋を動かして、「はたらく」を意味する「働」という漢字が成立。OK辞典

 

こちらの漢字は4年生で習うそうです。早い気がしますね。

 

意味や違い

動の意味と使い方

①「うごく」

 ・「移る」、「位置をかえる」(移動)

 ・「ゆく」、「行く」(出動)

 ・「ゆれる」、「ゆれうごく」(動揺、震動)

 ・「さわぐ」、「乱れる」(騒動、暴動)

 ・「心がときめく」、「むなさわぎする」(感動)

 ・「おどろく」(驚動)

 ・「かわる」(変動)

 ・「はたらく」、「行う」、「振る舞う」(活動、行動)

 ・「おこる」、「はじまる」(発動)

②「うごき」(例:動静)

動くから転じて、かなり広い意味生まれてますね。

 

働の意味と使い方

①「はたらく」

 ・「何かを成し遂げる行動を行い、その行動によって
    人に利益をもたらす」

 ・「勤める」

 ・「精を出す」

 ・「稼ぐ」


②「はたらき」

 ・「何かを成し遂げる行動を行い、その行動によって

   人に利益をもたらす行動」

 ・「勤めぶり」

 ・「稼ぎ」

 ・「手腕」

 ・「技術」

 ・「手がら」、「功績」

 ・「作用」

 

 

動と働の読み方

     音読み      訓読み

動   「ドウ」     「うご(く)」

 

働   「ドウ」     「はたら(く)」

※()かっこは送りがなです。

 

音読みが同じで、似通った漢字は使い方をよく間違えます。

 

 

まとめ

語源から転じて、かなり広い意味が生まれてますね。意味や違いを知れば、使い方も分かりやすいし、間違うことも無くなると、音読みが同じ漢字を調べる度に思います。

参考資料

https://okjiten.jp/kanji531.html

https://okjiten.jp/kanji568.html

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

群と郡の語源を知れば!意味や違いや使い方も分かりやすい

粉と紛の語源を知れば!意味や違いや使い方も分かりやすい

晴と清の語源を知れば!意味や違いや使い方も分かりやすい

租と粗は語源が分かれば意味や使い方も間違わないぞ!

側と測の語源を知ると意味や違いに使い方も分かりやすいぞ!

険と検と倹の語源を知ると!意味も使い方もわかりやすい

 

スポンサーリンク