ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

たけのこのカロリーと栄養や効果・効能のまとめ

今回は、今が旬の「たけのこ」のカロリーや効能・効果、選び方など調べてみました。

「たけのこ」が、食品標準成分表では、野菜類に分類されているとは知らず、少々調べるのに手間取りましたが・・・。

 

たけのこのカロリーと栄養(100gあたり)

       生    ゆで   水煮缶

カロリー   26kcal  30kcal   23kcal

タンパク質  3.6g   3.5g    2.7g

脂質     0.2g   0.2g    0.2g

炭水化物   4.3g   5.5g    4.0g

 糖質    1.5g   2.2g    1.7g 

 食物繊維     2.8g        3.3g            2.3g

食塩相当量  0g            0g     0g

その他の栄養成分ではカリウム、亜鉛、ビタミン・ミネラルでは葉酸とカリウムの成分が多く含まれています。

たけのこは、低カロリーで低糖質の食材ですね。

 

 

栄養と効果・効能

「ゆでたけのこ」で食することが多いので、その栄養成分の効果や効能をまとめています。

 

〇食物繊維

ゆでたけのこは、100gあたり3.3gの食物繊維が含まれています。

・腸を刺激して便通を促す不溶性食物繊維と、

・腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維の

便秘改善に役立つ両方の栄養素が含まれています。

※消化が悪い食材ですので、胃や腸の調子が悪いときは食べ過ぎに注意ですね。

 

〇亜鉛

ゆでたけのこは、100gあたり1.2mgの亜鉛が含まれています。

・細胞の新陳代謝に欠かせない栄養素で

・味覚を正常に保つ栄養素

でもあります。

 

〇カリウム

ゆでたけのこ100gあたり470mgのカリウムが含まれています。

・塩分の排出を促す働きと

・むくみ解消に役立つ

栄養素です。

 

〇葉酸

たけのこに含まれる葉酸は、赤血球を作るため造血のビタミンとも呼ばれる栄養素です。

 

〇チロシン

チロシンは、たけのこに多く含まれている代表的なアミノ酸の1種です。

ゆでたけのこに白い小さなかたまりのようなものがついていることはありませんか?その正体はチロシンという栄養素。チロシンは体の成長・代謝を促すホルモンや、集中力を高めるホルモンの材料になります。

また黒髪の色素成分であるメラニンの材料となるのもチロシンなので、黒い髪を維持する働きも期待されています。

https://macaro-ni.jp/86945

 

 

選び方と保存方法

〇選び方

・伸び過ぎていないもの、皮の色が薄い物。

・皮の部分がしっとりしていて乾いていないもの。

・細い物より、太短い物が美味しいそうです。

 

〇保存方法

・たけのこは、掘り出した後は時間が立てばたつ程アクが強くなります。

・だから出来るだけ早く下ゆでするのがカギですね。

・茹でたものは皮を剥き、水につけた状態で蓋をし、冷蔵庫で保存します。

・水を変えながらですと、1週間程はもつそうです。

 

 

まとめ

食品標準成分表では、「たけのこ」は野菜類の分類されているとは知りませんでした。私にとっては新たな発見でした。

 

たけのこが低カロリーで低糖質の食べ物だということが確認できてよかったぁー!ちょっと食べ過ぎかなと、思うぐらいなら大丈夫そうですね。糖尿病者にとっては。

 

栄養成分では、あまり聞きなれない「チロシン」の効果・効能に注目ですね。体の成長や代謝、集中力を高めてくれるホルモンの材料になる成分を含んでいるとはね。

これからは、旬の時期を中心に、それ以外でも「水煮缶」でいただくことにします。

参考資料

2015年食品標準成分表

旬の食材百科

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

シャウエッセン1本のカロリーはいくら?塩分と糖質も気になる!

干し芋1枚のカロリーと糖質に効果・効能などまとめ

人参ジュースコップ1杯のカロリーや栄養と効果・効能について

甘平1個のカロリーや糖質に旬や値段と食べ方まとめ

 

スポンサーリンク