ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

バナナ80kcalあたりの糖質量と重さのまとめ

この記事では、気になるバナナ80キロカロリーあたりの糖質量や効能、おすすめの食べ方などまとめております。

 

バナナ80kcalあたりの糖質量と重さ

 ・糖質量  19.9g

 

 ・重さ   93g(可食部)

 

可食部93g皮つき1本の重さの目安は 155g 中サイズくらいでしょうか。

バナナの廃棄率は40%で算出しました。

 

 

バナナ100gあたりの栄養成分

 ・カロリー     86kcal

 ・たんぱく質    1.1g

 ・脂質       0.2g

 ・炭水化物     22.5g

   糖質量     21.4g

 ・食物繊維     1.1g

 ・ビタミンB6 たんぱく質の代謝を助ける効果あり。

 ・モリブデン 貧血を予防する効果あり。

 ・カリウム  むくみを解消する効果あり。

 ・食物繊維  便秘の予防・解消に効果あり。

  効能・効果の詳細 dole

 

 

おすすの食べ方

血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食べ方としてヨーグルトとバナナを一緒に食するのがいいようです。

ヨーグルトに含まれる成分が、血糖値を下げるホルモンの分泌を促し、血糖値の急上昇を抑えてくれます。

それにバナナに含まれる食物繊維も、糖の吸収を穏やかにしてくれます。

食前に食べるのがより効果がありおすすめです。

 

 

まとめ

今後は食前、にヨーグルトとバナナを一緒に食べるようにしたいと思います。

これまで桃、キウイ、すいかなど果物の80kcalの糖質量を調べてきましたが、いままでのところ全てが20g以下に抑えられています。今後は、柑橘系についても調べてみたいと思います。

参考資料

2015年食品成分表

https://www.dole.co.jp/banana/nutrients/

https://epark.jp/medicalook/breakfast-raise-blood/

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

ブルーベリー80kcalの糖質量と重さ!粒だと何粒くらい

すいか80kcalの糖質量と重さに食べ方も

さくらんぼ80kcalの糖質量と粒にすると何粒くらいかな

桃80kcalの糖質量と重さや栄養成分まとめ

キウイ80kcalの糖質量や栄養成分と効果・効能に食べ方まとめ

 

スポンサーリンク