ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

ぶどうの80kcalの糖質量と重さは!粒だと何粒くらい? 

この記事では、糖尿病者にとっては気になる果物の1日の摂取カロリー80kcalについて、「ぶどう」で調べてみました。さらに、これまで調べた果物の糖質量の比較もしてみました。

 

ぶどう80kcalの糖質量と重さ

 ・糖質量     20.6g

 

 ・重さ      136g(可食部) 

                  170g(皮つき)

ぶどうの廃棄率は20%で算出しています。

100gあたりのカロリー成分表より按分計算しております。

 

〇80kcalの糖質量は粒に換算すると

 ・大1粒の重さ  11.5g  14.7粒

 

 ・小1粒の重さ  5.2g     32.6粒 

1粒の重さは、マスカットで計量しています。

※参考資料 https://www.seikatu-cb.com/omosa/muscut.html

 

粒の数からすると33粒をたべるのは、ちょっときつそうですね。

ちなみに、シャインマスカットの1房は45~50粒ほどだそうです。

 

〇果物80kcalの糖質量の比較

 ・ぶどう         20.6g

 ・バナナ         19.9g

 ・すいか         19.9g

 ・マンゴー        19.5g

 ・キウイ(ゴールド)        18.9g 

 ・さくらんぼ       18.7g

 ・メロン         18.7g

 ・桃           17.8g  

 ・キウイ(グリーン)   16.5g      

 ・ブルーベリー      15.7g 

これまで調べた中で、ぶどうの糖質量が一番高く、20gを超えました。

     

         

ぶどう100gあたりのカロリーと主な栄養

 ・カロリー        59kcal 

 ・たんぱく質       0.4g   

 ・脂質          0.1g

 ・炭水化物          15.7g

   糖質量          15.2g

 ・食物繊維        0.5g

 ・その他栄養成分

体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖などの糖質が多く、そのままエネルギーになりますので、疲労回復の効果が大。

直接脳の栄養源にもなり、脳の働きを活発にし、集中力を高める効果があります。

 

ポリフェノールも多く、ガンや動脈硬化の予防に効果あり。

特に赤ブドウに沢山含まれるアントシアニンは、目の疲れや糖尿病による目の病気など、視力回復に効果

 

 

まとめ

ぶどう80kcalの糖質量は20.6gで、粒に換算すると15粒~33粒となることが分かりました

これまで果物80kcalの糖質量を調べてきましたが、ぶどうが初めて20gを超えました。食べ過ぎに注意するほどでもないと思いますし、粒で調整できるので安心ですね。

参考資料

2015年食品標準成分表

https://www.seikatu-cb.com/omosa/muscut.html

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/budou3.htm

https://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/enken/seika/kajyu/budo/documents/s2204.pdf

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

桃80kcalの糖質量と重さや栄養成分まとめ

さくらんぼ80kcalの糖質量と粒にすると何粒くらいかな

ブルーベリー80kcalの糖質量と重さ!粒だと何粒くらい

バナナ80kcalあたりの糖質量と重さのまとめ

メロン80kcalの糖質量と重さや食べ方まとめ

 

スポンサーリンク