ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

柿80kcalの糖質量と重さは!主な栄養と効果・効能まとめ

柿旬は10月頃ですが、この記事では、糖尿病者にとっては気になる果物の1日の摂取カロリー80kcalについて、甘がきの生で調べてみました。果物の糖質量の比較表も表示しています。

 

柿80kcalの糖質量と重さ

 ・糖質量     19.1g(可食部)

 

 ・重さ      133g(可食部)

 

          146g(皮つき)

柿の廃棄率は、9%で計算しています。

柿1個の重さ(皮つき)

 ・大     249g

 ・中     178g

 ・小     87g

小なら1個と半分弱。中なら8割ほどでしょうか。

 

〇果物80kcalの糖質量の比較

 ・ぶどう         20.6g

 ・バナナ         19.9g

 ・すいか         19.9g

 ・マンゴー        19.5g

 ・柿           19.1g  

 ・キウイ(ゴールド)        18.9g 

 ・さくらんぼ       18.7g

 ・メロン         18.7g

 ・桃           17.8g  

 ・キウイ(グリーン)   16.5g      

 ・ブルーベリー      15.7g 

柿の糖質量は果物の中では、高い方ですね。

 

 

柿100gあたりのカロリーと主な栄養

 ・カロリー       60kcal

 ・たんぱく質      0.4g     

 ・脂質         0.2g

 ・炭水化物       15.9g

   糖質        14.3g

 ・食物繊維       1.6g

 ・主な栄養

カリウム

ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧の予防に効果があります。

 

ビタミンCが豊富で

柿1個で一日の必要量をほぼ摂取できるそうです。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

二日酔いにも効果あり。

 

葉にはビタミンCが、みかんの30倍も含まれているそうです。柿の葉寿司や柿の葉茶などに利用されています。

 

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高いんですよね。

 

 

まとめ

少し摂り過ぎですが、中くらいの大きさの柿を1日1個食べれば、目標達成ですね。

柿は、とりわけビタミンCが豊富で、疲労回復、二日酔いにも効果があるというのは、酒好きには有難いですよね。

旬の時期には是非ともいただきましょう。

参考資料 

2015年食品標準成分表

https://www.seikatu-cb.com/omosa/kaki.html

https://calorie.slism.jp/107049/

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

ぶどうの80kcalの糖質量と重さは!粒だと何粒くらい?

マンゴー80kcalの糖質量と重さまとめ

メロン80kcalの糖質量と重さや食べ方まとめ

バナナ80kcalあたりの糖質量と重さのまとめ

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

 

スポンサーリンク