ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

いちじく1個のカロリー・糖質や 効果・効能と食べ方まとめ

いちじくは、6月頃~8月頃が旬の夏のものと、8月頃~11月頃が旬の秋のものとがあります。珍しく、旬が年に2度あるんですね。この記事ではいちじくについて、栄養や保存方法などまとめています。

          

いちじく1個のカロリー

いちじく1個の重さ70gで計算しています。

  ・カロリー     38kcal

  ・タンパク質    0.42g 

  ・脂質       0.07g

  ・炭水化物     10g

    糖質      8.67g

  ・食物繊維     1.33g

  ・その他の栄養

ビタミン、ミネラルでは、葉酸や水溶性食物繊維のペクチンや、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄(鉄分)などが豊富に含まれています。

糖質制限の1食分の目安が、糖質20~40gと言われていますので、1日3個くらなら大丈夫そうですね。

 

いちじくの効果・効能

一番の効能・効果と思うのは、食物繊維の一種であるペクチンの働きです。

 ・ 便秘解消に期待ができます。

 ・肌トラブルの改善

 ・血糖値の急上昇を抑えて、血糖値をコントロールするので

  肥満や糖尿病の予防にも効果あり。

 

その他

 ・貧血を予防する鉄分

 ・血液を作る葉酸

 ・高血圧を予防するカリウム

 ・骨を強くするカルシウム

栄養満点です。

 

いちじくの食べ方と保存方法

ヘタの部分から皮をむけばOKです。

皮を塩でをこすって洗えば、そのまま食べられます。

 

2~3日保存の場合

傷みやすいので水気をふき取り、1個ずつペーパータオルで包み、 重ならないように保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存。

食べる直前に洗うのがベスト。

 

長期保存の場合

洗ってペーパータオルでしっかりと水気をふき取り、1個ずつラップで包み、重ならないように冷凍用保存袋に入れて冷凍保存。

解凍すると食感はやわらかくなるので、半解凍のシャーベット状で食べるのがおすすめです。

 

主な産地

主な産地は、愛知、和歌山、兵庫、大阪、福岡で、収穫量のトップ5です。

トップ5で収穫量の約6割を占めています。

 

まとめ

いちじくの旬が年に2回あるとは、知りませんでした。

発見!栄養成分の「ペクチン」が血糖値をコントロールする役割を持っているとは嬉しいです。

旬の時期には、是非とも食したいと思います。

栄養の豊富な果物ですね。

 

参考資料

旬の食材百科

2015年食品標準成分表

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

銀だこカロリー(1個・ 6個・ 8個 )と糖質や 脂質も調べてみた

甘平1個のカロリーや糖質に旬や値段と食べ方まとめ

シャインマスカット1粒のカロリーは?気になる糖質と栄養や効果・効能も

くるみ1粒のカロリーは?栄養と効果・効能や食べ方も!

みかんの皮は栄養が豊富!皮ごと食べられる?食べ方や使い道は

 

スポンサーリンク