ときめいて120

日々ときめき探して 120才目指す!

千両と万両と南天の違い!簡単な見分け方は実の付き方にあり

正月の飾り付けでよく見かける千両と万両と南天。どれも赤い実をつけているので素人目には見分けがつきません。どうにも気なって調べて見ることに。

 

     

           引用元:openmatome  

 

 

実の付き方と数で見分ける

素人目に、一番分かりやすかったのは実の付き方と数でした。

 

千両  実が葉の上に固まって上向きに付きます。

    

万両  葉の下にサクランボのように2つセットで垂れ下がって

    付いています。万両は千両よりも実の数が多いですね。

    

    1両、百両もあるんですね、実の数が千両と比べても

    グーンと少ないですね。

 

南天  実がブドウの房のように垂れ下がるのが特徴です。

    

葉の形と色で見分ける

葉の形と色からでも、見分けられます。

 

千両 縁がノコギリ状の大き目の緑色の葉をしています。

 

万両 縁がウェーブした小さ目の深緑色の葉です。

 

南天 流線型の赤から緑色の薄い葉をしています。

 

 

学術上の分類・特徴

千両 センリョウ科センリョウ属常緑低木。

   東アジアから南アジアにかけて広く分布。

   日本では西日本に自生する。

   7月~8月中旬に白い花が開花。

   赤く色ずくのは12月~翌年の1月です。

   実が黄色の千両もあります。

 

万両 サクラソウ科ヤブコウジ属常緑低木。

   東南アジアに広く分布。

   日本では西日本に自生する。

   7月に白い花を咲かせ、12月になると実が赤くなります。

   実が白や黄色の万両もあります。

 

南天 メギ科ナンテン属の常緑低木。

   中国原産。野生化したものが西日本に広く自生する。

           6月~7月に白い花が咲き、11月~翌年2月頃に実を付ける。

   白い実の白南天もあります。

 

3種類ともに「常緑低木」ですが、明確な基準はありません。

一般的には、樹高1m以下の木を指すそうです。

 

 

まとめ

花の少ない冬の時期に、鮮やかな赤い実を付ける3種類の木は、ほんと。見分けにくいと思っていました。

葉の形や色でも見分けられるそうですが、素人目には実の付き方と数の方が見分けやすいと思いました。

正月飾りの門松でもみかけたらば、目利きをしてみたいと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)

関連記事

レターパック赤と青の違い!値段・厚さにポスト投函の有無で比較した

しぐれ・ういろう・ ようかんの違いは!原材料や作り方で比較してみた

一味と七味の読み方と違い(味・材料)や使い分け調べ!

卵1個(生・ゆで・目玉焼き・卵焼き)カロリーや栄養の違い

芥川賞と直木賞の違いはどこに!発表・日程・選考基準などで比較

 

スポンサーリンク