ときめいて120

日々ときめくことを探して綴る!生涯120才目指して

イギリス王室の最近の王位継承順位と家系図はどうなってるのか調査!

ハリー王子とメーガン妃の王室からの「引退宣言」が世界中に衝撃を与えているようですが、そんな中気になった、イギリス王室の王位継承順位や家系図を調べてみました。

 2020年1月18日発表のイギリス王室の声明の内容もまとめてみました。

 

 

 

 イギリス王室の王位継承順位

 現在、エリザベス女王がイギリス君主になっていますが、エリザベス女王が退位された場合の「王位継承順位」は以下となります。( )内は生年と続柄です。

 

 エリザベス2世女王

 

引用元:イギリス王位継承順位 - Wikipedia

 

※2020年1月18日発表のイギリス王室の声明によると、王位継承の順位は現状6位のままで変わりません。

 

 

 

 イギリス王室の家系図

 https://pbs.twimg.com/media/Ddhuc_bV0AACnQU.jpg:large

 

 

 

イギリス王室の最近の事情

 2020年1月18日発表のイギリス王室の声明によれば

  ・ハリー王子の称号はそのまま残されます。

 ・「サセックス公爵と公爵夫人」の爵位も現状のまま維持されます。

 ・王位継承の順位も現状の6位のままで、変わりません。

 ・公務から離れるため、殿下・妃殿下の称号は返上されるようです。

  (高貴な意味を持つ殿下・妃殿下の呼称はふさわしくないようです)

 ・今後は、活動のための公金も受け取らず、慈善団体の後援などの私的活動に限って

  続けるようです。

 

 

 

まとめ

この記事の情報は、ウィキペディアと2020年1月20日付朝日新聞を参照させていただきました。ありがとうございました(感謝)

王室からの「引退宣言」というから、一民間人になるのかなと思ったがそう単純ではなさそうですね。

ハリー王子とメーガン妃の今後の活動を見守りたいと思います。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(感謝)